今 

目の前で起こっていることを

何とかしたいと思うとき

 

思いきって

真逆をやってみることも

ひとつの方法です

 

お子さんに

手だし・口出しをし続けてきたのであれば

 

あえて 見守ってみる

 

厳しく接してきたのであれば

優しさを持って接してみる

……という風に

 

 

実際に 

ある方が

やってみてくださいました

~掲載許可をいただいております~

 

そして おっしゃいます

 

『子どもたちが何時に起きても

どう過ごしても

何も言わないでいます

 

だからといって

すぐに自発的に

きちんと何かをするわけでもない

 

でも

私の家族は「そんなもんかな〜」

と 思っています。

「そんなもん」でいいんだろうなと

 

いままで なんでか

自分のことを棚に上げて

家族に崇高なものを

求めていたんでしょうね(笑)

 

私は 私のやりたいことを

自分でやっていきます』

 

(”やめてみる”を含め)

ひとつ行動すると

それが『刺激』になり

自分に

新たな『反応』が生まれるのです

 

多くの方がおっしゃいます

「子どもへの 

 家族への

 自分への理想が高い?

 そんなことないと思います。

 ”普通”を求めているだけなんです」

 

でも 

その『普通』が……ね(^^ゞ

 

のちに

彼女のおもう

「そんなもん」について

考えてもらうことにしました

 

……ということで

今日はここまでにいたします