ずいぶん前の話になります

 

大好きで 繰り返し読んだ

とっても素敵な

家事本の作者の方に

お会いする機会がありました

 

その女性は 

別にメインの仕事をお持ちで

職種も なんと言いますか……

こちらからすると 夢があって

女性らしいイメージ

 

すれ違う瞬間

『本 読ませていただきました』

と お伝えしたら

 

返ってきた答えは

「まいど~~♬」だったのです

 

予想外だったのでしょう

私 びっくりして

口をポカンと開けて

通り過ぎる姿を

見つめ続けました

 

ただ

どちらかというと

サバっとした反応が

私好みだったので

さらに好きになりましたし

 

今は 思い出して

クスクス笑ってしまいます

 

その時 感じたのです

『イメージ』って

実際は 見る側が 

勝手に作っている場合も

あるのかもしれないと

 

芸能人の方でも

『私たちって理想的な夫婦です』

『素敵なママです』と

言っているわけではないけれど

 

周りは

「そう思っていた」

「そう見えていた」

なんて言いますよね

 

「そうであって欲しい」と

こちらが 希望を含め

見ていることも

あるのでしょうか

 

あんなに仲良く見える

(それもこちらの勝手)

松本伊代さんや

渡辺満里奈さんご夫妻も

離婚危機があったと

おっしゃったように

 

どこの夫婦にもトラブルはあり

どこの家庭にも

どこの親子にも

誰の人生にも

様々なこと・色々な時期が

あるのだなと感じます

韓国ドラマを見ると

雰囲気を味わいたくて 

飲みたくなるねと

娘と一緒に楽しみました