今日は 長いブログになりそうです

*****

片づけの際

分厚い 封筒を見つけました

雑誌社の名前が書いてあったので

「初めて出した本のベースとして

 書いたものかな?」と

取り出してみました

中身は 本やエッセイにいただいた

たくさんのアンケート結果のコピーでした

 

編集者の方々が はがきや手紙をコピーし

まとめてくださったのものです

 

せっかくだから 見ようかなと

そばに置き 封筒から取り出して

チラチラ横目で見る

……けれど なかなか

広げるところまでいかない

なぜか? 

 

怖いのです

 

過去 雑誌等に出て 

バッシングにあった時の

ザワついた気持ちが

再び 心の中に広がっていく

 

昔のような真っ黒でもなく

バケツでひっくり返したような

分量でもないけれど

 

向こう側が見えるくらい

薄いグレーの絵の具が 

おおきな筆で ポンポンと

心の中におかれていくような感じ

 

辛い気持ちは なくなるのではなく

心の中の 引き出しに

しまってあるだけなのでしょう

 

それでも私は 

しまう術を覚えました

 

引き出しを開けて向き合ったとき

過去の辛さも苦しさも残ったままだけれど

悪いものではないのよ

その時の自分が居て 今に繋がっていると

自分に言い聞かせる方法も覚えました

 

きっとこの経験も 私が心理学を学ぶ

一つの理由だったと思うのです

 

どれも 過去のことだと

意を決してアンケートを読み始めると

驚くほど温かい 言葉の数々

 

多くの方が 

ハガキに納まりきれないほど

小さな文字で 丁寧に 

感想やお気持ち・ご自身のことを

書いて下さっているのです

 

ひとこと「楽しい本でした!」も……

 

何枚かの手紙でお送りくださった方や

何度か 同じお名前も

 

初めて目にしたのは

パソコンで打った男性からの手紙です

「嫁さんと 二人で笑い

 楽しませてもらいました

 特別な毎日ではないのが

 本当の家族の幸せだと感じました」

 

『あの時の私は 本当はあった

 皆さんからのたくさんの愛に

 気がつくことができなかったんだな』

つぶやいている自分がいました

 

その場にいると

100個の愛と100個の誹謗中傷は

同じ分量だと感じることができない

 

15年以上前からこの状況は変わっておらず

ネットでの批判なんて

「見なければ良い」と言われました

でも 初期の頃はそれができない

 

私の場合 年月が経つにつれ「またか」

「いいことなんてない もう見るまい」と

決意もできたのですが

今は 直接送ってくる人もいるのですもの

自然と 目につくでしょう

 

私は 娘たちに危険が及ぶことが

怖くて仕方がなかった

過保護だと思われたかもしれませんが

小学生のうちは 何度も

通学路の途中まで

迎えに行ったことがあります

 

心配を口にすると

『そんなに心配で 気になるのなら

 辞めればいいじゃない』

自分から遠い人ほどそう言いました

 

あくまでも 私の場合ですが 

家族や身内・友人たちが

これまでしてきたことを 

否定しないでくれたことが

自尊心を保つ理由になりました

 

中には 危険もあるのに

ネット上で反論してくれる友だちもいて

感謝の気持ちでいっぱいでした

 

私が立ち上がったきっかけは

「ママがパソコンの前で毎日

 泣いてる」と娘が言っていることを

身内から聴いたことでした

 

私の部屋を開け

泣いている母の後ろ姿をみて

何も言わず そっとドア閉めた

小学校低学年の長女の気持ちを考えると

今でも涙が出ます

 

自分だけが辛いと思っていたなんて

「気がつかなくてごめんね

 急に強くなることはできなくても

 ここから母をしよう!母でいよう!」と

思わせてもらいました

 

*****

 

こういう事は止むことがありません

 

お付き合いのある会社やサイトに 

このHPにも

長年に渡り 届き続けます

 

アドレスがわかる体制に変えると

身元がバレることを防ぐため

今度は 

アドレスがわからないシステムの

身内のサイトに送られるようになりました

 

私は あちこちに送られた

約7~8年分の誹謗中傷を

皆さんのご協力で集め

すべてコピーし 警察に届けています

 

違法・有害情報相談センターにも相談

 

ただ 今の警察や日本の傾向としては

何か起こってからなら対応します

暴力を受けるなど

体の傷には対処しますが

どんなに長い間続いても

心の傷はなかったことに……なのですよね

家族で楽しんでいた『テラスハウス』

木村花さんの訃報

 

何かが起こってからで

いいわけがない

 

せっかく生まれてきてくれた 

大切な一つの命

未来を背負う

大切な子どもたちを守るためにも