一つ 

夫婦関係を

例に挙げるとして

 

・腹が立つこと(があった時)

 

・思い通りにならないこと

 

・悲しいことや苦しいこと

 

・どうにも意見が合わないこと

 

が あった時

 

+正面から 

 ドンとぶつかってもいい

 

+グチグチ言ってもいい

 

+我慢してもいい

 

+泣いてもいい

 

+密かに〇〇……もいい

 

他にも

色々な対応があります

 

正解はありません

 

『どれでも』

『どちらでも』

いいのです

 

ただ…… 

その方の

お話を伺っていくと

少しだけ

見えることはあるので

 

予想できる

リスクや可能性

新たな方法や考え方は

お伝えします

 

でも 

最後の最後

何を選ぶのはその方

 

どう行動に移すのか

決めるのも

その方ご自身です

 

 

ある時

『もう我慢の限界

夫と闘いたい!

言いたいことを

全て言いたい!』

という方が……

 

ご主人様のこれまでを

色々伺うと

 

ん~ どうだろう!?

 

彼女も

少なからず

起こりうる可能性は

認識できていました

 

私も リスクを

お伝えしましたが

 

それでも

選ぶのは私ではない

 

どうなったのか……

ここでは 結果を

お伝え出来ませんが

 

その方が 

ご自分で

決めたからこそ

意義がある

 

結果が 

ダメでも 

良くても

 

他人には 

理解できないかも

しれないのですけれど

 

その方だけの気づき

得られることがあるのです

 

ご自分で考え

やってみて

感じて

振り返って

共に答えを見つけましょう