金曜日……なのか

もっと前からだったのに

気がつかなかったのか!?

 

何が起こったのかわからないまま

わが家周辺では

トイレットペーパーが

見当たらなくなりました

 

ということを 母に伝えたら

 

うちの母 

『アハハ~』と

笑ったのです(*^^*)

 

シンプルに 

それ以上を知っている人は

『強いな』と思いました

 

彼女は

トイレットペーパーがないことくらい

なんてはことはないのです

 

東日本大震災で

『住む家もない・職場もない・仕事もない

水もない・食べるものもない』

隣にいて「寒い・寒い」という父を

守るものもない……

あらゆる『ない』を体感した人です

 

母だけではなく

大きな災害の時

多くの方が体感したことです

 

母は 迷わず私に言いました

『トイレットペーパーが無いのなら

いらない布を使えばいい

家なら

ウォシュレットを上手に使って

ペーパーの使用量を減らせばいい』と

 

代用があるだけ 良いのですよね

 

家にあるペーパーナプキン

一枚を4つにカット♡

 

あっても あっても

足りないと思う人は無いと思う

 

あると思う人は あると思う

 

本当に

無くて困っている方もいますから

その後の人のために

残しておきませんか