今の自分に導いたのは過去の彼女たち

 

 

 

このままではいけない

何とかしたい……

と思うからこそ

 

話してみる

 

行動してみる

 

受け止め方や

捉え方を

変える努力をする

 

心の中で

「誰か何とかして」と

どれだけ願っても

 

他の誰かや

自分の家族を

私たちの思い通りに

変えてくれる人は

いないのですもの

 

皆さん 

おっしゃいます

 

当時は

・パニくっていました

・とにかく辛かった

 

・何も考えられなかった

・どうしたらいいのか

 わからなくて……

 

・腹がたっていた

・怒りが収まらなかった

 

それから数年後

(人それぞれですが

 2年~5年後)

 

状況は それほど

変わっていなくても

ご本人さまのお気持ちは

変わっていることが

多くあります

 

ある人は

「あのことがあって

良かったわけでは

ないけれど

 

なかったら 

私は 今の考え方に

シフトできなかった

かもしれない」と 

 

また ある方は

『関係性は

変わっていないけれど

以前ほど 

マイナスだけだとは

思わなくなりました』

 

あの時には

『あの景色・風景だけでも

つらかったのに

今は 大丈夫みたい』

 

彼女たちは

学ばれました

 

話して

現実に 憤り

壁にぶつかって

 

時々

涙しながら

あきらめて

受け止めて

 

違う考え方や

誰かの意見を取り入れる

やってみる

感じてみる

 

そして……

「今」があります

 

彼女たちの

今を変えたのは

だれでもなく

過去の彼女たちだと

私は思っています

 

~この景色も埼玉県内で

 観ることができました~