Skip to content

地域を理解する

 

今回 さいたまは

荒川の大規模な氾濫を免れましたが

(それでも 浸水した

地域もありました)

 

何度か 危険水位に達したとの

緊急速報が

 

街全体がどうなるのか

不安を感じました

 

以前から

年配の方たちから

「荒川が氾濫したら」

『こういう場合こうなるかも』と

想定するお話は伺っていました

 

でも それは

自分の中で

「話」……でしかなく

現実味がありませんでした

 

今回 H29年につくられた

荒川氾濫に関する

フィクションのドキュメンタリーを

観ました

 

もちろん

決壊する場所が異なれば

この限りではありません

 

ただ 現時点で 

予想が考えられる状況

 

どこが どう危険なのか

 

防波堤がどのように決壊するのかを

 

個人的に学びました

 

その後 家族にも観せ

知ってもらいました

 

皆がどこにいるのかは

わかりませんから

 

知っているのと

知らないのでは

大きく異なると思うのです

 

復旧活動や

救助活動に関わる方の中には

ご家族や お身内も被災者……という方も

いらっしゃるでしょうし

 

その方の帰りを待つ

ご家族もいらっしゃる

 

どうぞ

皆さまご無事でありますように

 

 

多くの方から 心配のメールやラインを

いただきました

 

離れた場所でも

心配し合える人がいる

それも

幸せのひとつなのだと感じています

 

 

Scroll To Top