朝 ご近所から 

元気なお子さんたちの声が聞こえ

ホッとすると同時に 元気をもらっています

 

***

 

全てを ひとまとめにして考えることは

誤解を受ける方が増えることになるのでは

……と 心配しています

 

ひとつの行動でも もう一方の見方や

理由があるのかもしれないと考えてみる

 

私たち個人も 少しだけ幅を広げ

想像する必要があるような気がしています

 

例えば

地方の地元に戻る若者たちの中には

一見 健康そうに見えても

持病を抱えている方もいます

 

予想外の親の収入の変化で

別に生活するよりは 実家に戻った方が

家計の支えになる場合もあるでしょうし

 

生活費はバイトで……と思っていた学生は

それもできません

 

 

ナンバープレートが違う車を

「他から来た」と判断してしまうのも

なんだか 心が痛いです

 

わが家は 神奈川からさいたまに

引っ越してきた初めの数年間

ナンバープレートの文字が

異なりました

 

転勤や 単身赴任で

車のナンバーが異なるまま

使用している方もいるでしょう

 

もちろん 厳しい視点が

注意喚起につながる場合もありますね

 

ただ 

少しだけ視点を広げて見ることが

非難ではなく 優しさに

繋がることもあるような気がしています