色々な方が

ご自分のことを

こうおっしゃいます

 

「私 気が利かないのです」

「役に立たなくて……」

「家事をサボったら叱られます」

 

ご自分の経験から

感じられるのですか?

と伺うと

 

「親に いつも

言われていました」

「小さい頃からそうなんです」

「親が どこかで

見ていると思うのです」

 

こう伺うたび

自分自身も含め

親の影響力を感じます

 

日々伝えてきたことが

その子(人)の中で

積み重なっていく

 

たとえ

事実と異なっても

親の偏見であっても

……です

 

いつまで支配され続ける?

と 疑問も生まれます

 

私は その方と接して

『気が利くな~』

「思いやりのある方だわ」

『この方の発言に

皆さんが刺激を受けている』と

感じることがあって

 

発言とは逆の

その方を

見せていただくことが

あるのです

 

皆さま

小さいころと同じではなく

変化をしてきたのでしょう

 

でも 親御さんが

生きている

いないに関わらず

影響を受け続けている

現実を感じます

 

あなたはいつまで

ご自分を追い詰める

親の言い分を

「そうだ」と思い続けますか?

支配され続けますか?

 

私は マメに

反論しています

もう 大人ですもの

 

『それは

お母さんの考え方や

ある一部の人の考え方で

根拠はないよネ~』

 

『そっか お母さんは

そう思うんだね

でも 私 違うんだ』

 

『え~っと 

ただいま48歳ですから

自分で決めますよ

 

『それは

お母さんに

考えてもらわなくても

大丈夫だよ』ってね(*^^*)

 

青森のトウモロコシで

ご飯炊いてみました~

一気に湯気が……

いつもと違うご飯も

たまには いいですね♪