講座にいらしてくださった後

おっしゃる方がいます

 

「すこし見方をかえたり 立ち止まったり

うまく言葉では表せないのですが

なんとなく 今までと違う考え方をしてみたり

反対から見てみたり

 

早く立ち直るきっかけのつくり方

みたいなものを持てたように思います

 

考え続けるだけでなくて 

一回離れて思いっきり寝たりとか 

思いっきり手を抜くとか

頭の中だけでなくて物理的にふっきるというか」

 

ということを 

してくださっている方がいらっしゃいます

 

ただ 彼女はおっしゃいます

『過ぎればきれいなこと言えますが

その最中は苦しいんですがね(笑)

 

そう そうなのです

 

変化をしようとする時や

幅を広げようとするときには

思った以上に 苦しいことがあります

 

なぜか……と申しますと

 

今までと違うことをしているから

ご本人様は 

とても大変なのです

 

どんなことも

「自分流と&今までのやり方を続ける」方が

ずっと 気楽ですし考えずにできる

 

いつもしていることだから

マイナスな結果が待ち受けていると

わかっていても 

考えずに つい やってしまうの

(例えば  子どもを怒鳴る→子どもが泣く

→自分も罪悪感を持つ……みたいな)

 

***

 

逆に

新しい方法の方が

いい方向に行けるかもしれない

 

新しい感覚を 味わうことが

できるかもしれないと

頭では わかっていても

 

*あえて 違う方法をとる

 

*いつも使っていないものを

 使うって……

 

仕事でも 家事でも 子育てでも

戸惑うものではないでしょうか

 

慣れるまで時間もかかりますしね

 

それでも 彼女は

新しい方法を選択してみている

ご自分の幅を広げているのですよね

 

あ~ こんな方法もあるんだ

やってみると こう感じることもあるんだ

こういう結果もあるんだなって

感じる機会を

 

なんと ご自分で作っているのです!! 

 

試してみてくださっていることに 

私は脱帽です

 

素直に 耳を傾けてくださって

ありがとうございます

 

離れていても

新たな気づきが得られることを

願っております

 

冊子写真