Skip to content

~人は変わることもある~

 

昨日
大好きな友人と
出かけました

優しい彼女は

 

47歳にもなって
頻繁に 何かしら
やらかす私に

「美穂さんの
そういうところを見ると
ホッとするわ~」と
笑ってくれます

 

娘たちは
「恥ずかしい」
……と言いますが(汗)

 

***

 

駐車場の出口で
運転席の窓ではなく
後ろの窓を開けて
ビックリしたり

 

持ち帰りの焼き鳥屋さんで
『清算は
NANACOでお願いしま~す』

と言ったのに

しら~っと
PONTAカードを出していたり……

 

あの……
でも 一応

小学生や中学生の頃には
「しっかりしている子」って
言われているほうだったんです

 


身近な 誰が?
それを信じてくれるでしょう

 

先日 いとこにも
失敗談を二つほど伝えましたら

事が大きすぎたようで
『もう(失敗談は)
おなかいっぱいだよ~
美穂ちゃん 昔は
しっかりしてるって
言われてなかったっけ!?
どうしちゃったんだろうね』と
おどろきつつ・あきれつつも
笑ってくれました(^^ゞ

 

笑ってくれる人
ありがたい存在です♡

 

仙台では
単純な地下鉄の
逆方向に乗りました

待ち合わせた幼馴染に伝えたら
『美穂はさ
「こっちだ!」と思った
逆の方に乗れば
ほぼほぼ大丈夫なんじゃない?』
と言われ

「うん そっか
ナイスアイデア☆彡」とも
思いました

 

***

 

私のところに
いらしてくださる方たちの中には

お子さんの
ご自分の
ご夫婦や
親御さんの

~未来について~
心配され・不安になられる方が
多くいらっしゃいます

見えるのなら
安心できていいのですけれどね

未来は 誰にも
見ることができません

「こうしたらいい」という
私たち親の意見が
現代に合っているのか
正しいのかどうかもわかりません

 

*****

 

私のように
子どもの時には良かった特性が
今いずこ……
という場合もありますし

その逆もあります

 

わが家は
”母までも”が言います

『あなたはパパ似かと
思っていたら
お兄ちゃんの方がパパに似て
あなたは私に似てきたわね~』

ちなみに
父は 真面目で几帳面
母は 大雑把で適当
な 人です

誰が どこで
どう変わるのかなんて
誰にも分らないことなんだな~と
実感しているところです

 

でも……

母のように
誰かの幸せを願う能力は
私にもあったかな

 

こちらのお土産をくださった方も
私も 昭和47年生まれ

そして……
『博多の女』も
昭和47年生まれなんですって
下さった方に 教えてもらったの

皆 おそろい47歳

ちなみに宮城県には これにそっくりな
~伊達絵巻~というお菓子があります

色々な共通点が嬉しい♡

 

 

Scroll To Top