Skip to content

自分と夫と向き合った ある方のおはなし①

 

~以下掲載許可をいただいております~

 

ある女性は 

過去 夫がしたことに

憤りを感じていました

 

怒ってもいましたし

許せずにもいました

 

そりゃ そうです

腹が立って当たり前

許せないのも当然です

 

だから 

腹を立ててもいいし

許さなくてもいい

不平不満を口にしてもいい

 

 

でも……です

 

お子さんたちも成長し

夫と二人暮らし

 

今のままで『丸』だと

彼女自身がすんなり

思うことができないから

 

私のところへ

足を運んでくださったのです

 

【A】許してやるもんか!

こちらから譲ってたまるか~!

 

という自分と

 

【Z】とはいえ 今のままでは……

本当は 別の心持ちや

過ごし方があるかもしれないのに

 

【A】とはいえ 今の私にはできない

できないというより したくない!

 

【Z】でもな~

 

自分の中の

二つの かけ離れた心が

ひっぱりあって

苦しいのです

 

ここまでは

多くの方がやります

 

……が 

私のところに

来続けてくださっている方は

ここでは終わりません

 

時間はかかりますが

皆さん 

今までとは違う方向へ

歩みを進めます

 

なぜ?

 

*自分が納得できる自分になる為に

 

*今より 少しでも

満足できる人生を手に入れるためです

 

*他の誰かに

出してもらうのではなく

自分で自分に『丸』を出すために

 

 

本当に辛いのはこの先です

自分で決めて 

立ち上がる(行動する)

 

そのたびに 

気持ちと向き合い

セーブしたり

自分の背中を押すことは

楽ではありません

 

捨てきれない

【A】の気持ち

一旦 脇に置いておく

必要がありますし

 

先も見えません

 

自分の気持ちとの闘いなのですよね

 

彼女は  

このあと 行動を起こし

いくつかの気づきを

得ることになります

 

次回に続く……

 

昨晩の我が家は

きりたんぽ入りキムチ鍋☆

 

 

Scroll To Top