お話の中から

垣間見えることがあります

 

「気にして欲しい」

「大切にして欲しい」

「気を使って欲しい」

「認めて欲しい」

「周りに人に自分の話を聴いて欲しい」と

 

そうか! それはラッキーです!

 

そうされると嬉しいと

ご自身はわかっているということだもの

 

ということは

もしかしたら 

他の人も同じだったりして……

 

おこさんも

ご主人も

ご両親も

ご友人も

ご近所さんも

仕事仲間にも

 

まずは

自分がされたいな~と思うことを

 

「期待する」だけではなく

『自分から誰かにしてみて」

は いかがでしょう

 

え~ 

あんな人のためにしたくな~い

 

そう思いますよね

 

思っちゃうことあります~

 

私もあります

 

でも これは

「人のため」のようで

 

やってみると 案外 

『自分のため』だということに

気がついたりもします

 

あんな人……と思っている人に

優しく・丁寧に接する私 

 

大人な感じ~

(というか もうおばさんですけれど)

親切~♪ 

あったかーい

少しだけ”いい人”になった気分

 

心の中は

誰にも見えないから

自分で 自分をめいっぱいほめて

一人 いい気分♬

 

 

ちょっと話はとびますが

 

先日 コインパーキングで

数字を見間違い

ひとさまの分をお支払いした私

 

なんだろう

ちょっと良いことをした気分

 

後で戻ってきた この車の方

「えっ なんで安いの?

こんなに長い時間停めたのに

おっ マジック???」って

喜んでるかもな~と想像して

なんだかウキウキ

 

……という話を

家族にしたら

『またいつものミス!!』

『自分の間違いを棚上げしただけ』

『いい方にだけ考えすぎ』

と 言われました

 

確かに!合ってる!!

 

でも

そう考えた方が自分が楽だから

いいんだも~ん