昨晩

たまたま拝見した

NHKのノーナレ

 

SHELLYさんの日

「ちょっとだけ聞いて」

 

日本の中での

女性とは

女性だから……

 

家庭の中での

会社の中での

女性への対応

 

もう 

すっごい共感

 

そう そうなの!と

うなずいてました私

 

ただ 

私たちが

できた女性・妻が

どうあるべきが

洗脳されているように

 

同年代からそれ以上の

男性側も

男と女で線引きすることを

自然と学び

 

家庭

時代

周りの人に

「こうあるべき」を

教えられてきたのかもしれません

 

私 

ある時から

 

いい!?嫁

いや

悪かったかも(笑)

 

いい(だろう)

妻や娘をやめた人

 

気持ちは楽になり

気がついたことが

多くあります

 

気に入られる

誰かに認められることが

自分から自分への

評価になっていたのだなと

 

 

娘たちにとって

母(の役目!?)は……

どうだろう

 

良い時もあり

 

ウザイと

思われることもある

 

ダメ出しをされり……

 

反面教師のことも

あることでしょう

 

それでちょうどいいと

思っております

 

ここ おトイレの一角(^^ゞ

朝いちで 

色が目に入るように

プチサボテンの

赤・黄色・緑・ブルー