母は

東日本大震災の被災者です

 

彼女は かなり長い間

実家があった場所に近づくこと

(ある一定の人以外は)

宮城の方に会うこと

その話をすることに

苦痛を感じていました

 

TVの映像も

その時のことを

たずねられるのもダメです

 

今も そういう部分はあります

 

お医者さんではないので

専門用語は避けますが

 

単純に 思い出して

辛くなるのですよね

リアルに 

何度も映像がよみがえる

 

それでも

時間や周囲からの愛情が

少しずつ 少しずつ

彼女の心をゆるめてくれていることを

感じています

 

***

 

実は 私にも

辛さを感じる

場所・時期・雰囲気があります

 

でも 

だからダメなのではなく

 

いまとみらいのために

『そういう自分がいると

認識すること』

必要だなと感じています

 

時々 自分を試してみよう……と

わざと 近寄ってみます

思い出してみます

 

あっ 

意外と大丈夫……と感じる

時や場所・雰囲気もありますし

 

「あっ 駄目だ まだ 辛い

ちょっと早いのかもしれないな」

と 感じることもあります

 

時々 思うのです

そういう自分も悪くないなと

 

自分が

感じたことがあるからこそ

他の方の苦痛や お気持ちを

理解できることもあるものです

 

韓国でのウェルカムドリンク

統一された白い器が素敵

おもてなしも とても丁寧でした