二女の鼻の下には

傷があります

 

今でも

目につき

小さい頃

ついたものです

 

子どもたち数人で

わ~っと

石作りの階段を上る

滑り台に

走っていきました

 

私は

離れて 

後ろからついて

楽しい雰囲気を感じつつ

笑っていたのです

 

そこまでは

記憶があって……

 

その数分後

皆が滑ってくる中

石作りの陰から

傷だらけの顔をした

次女が

 

気が動転したのか

私は その後

あまり

記憶がありません(汗)

 

夫は 

その場所の前を通る

名前を聞くだけでも

思い出して

ゾッとするらしいです

 

おそらく

足を踏み外すか何かして

でこぼこの斜面に

顔から

擦ったのでしょう

 

もともと活動的で

と~っても元気

チャレンジャーで

自由な次女

 

親ですから

そんなことは

わかっていたはずなのに

まだ

2~3歳だったのに

 

私の気が

緩んだのでしょう

 

鼻の下を見るたび

そばにいなかった

親の責任だったな~と

思います

 

それ以来

大人が多い時ほど

「誰かがいる」と

安心してしまうから

気を付けよう

 

私の場合は

楽しい時ほど

注意が必要……と 

用心深くなりました

 

あくまでも

我が家の場合は

それで

ちょうど良かったような

気がします

 

皆さま

穏やかで

楽しい3連休を(^^♪