*てのひらの幸せ テーマは
『なぜ』『どうして』を考えても仕方がない

*サンキュ!悩み相談 5/22日分
年々夫への不満や不快感が増し、毎日が苦痛でなりません
更新済みです

 

娘が こんなことを言いました

『友だちや誰かと話すと

 気持ちが落ち着いたり

 視点や 考えが

 変わったりすることってあるよね』

 

彼女は 数日

「ああでもない こうでもない」と

迷っていることがありました

 

あることに対して

『A』という答えしかないのと

『B』や『C』時に『D』や『E』も

選択肢の中に含めるのとでは異なります

 

『A』しかないからこそ

辛く感じることもありますし

 

『B』や『C』を知らないばかりに

後悔する結果になることも

 

「色々 知ったうえで

『でも やっぱりA』なら

それでいいものね」と娘

 

そう そうなのです♡

 

私がさせていただいているカウンセリング

同じです

”こだわり”や”かたまった考え”を

少しゆるめていただき

選択肢を増やす 

視界を広げる 視点を変える

そして 色々知った状態で

最終的に選ぶのは その方自身です

 

実は今回 娘の選択に

親としては

一つ答えがありました

 

でも すぐには伝えませんでした

 

彼女が 全てを検討し終え

もし 自分と違う答えだったら

「あくまでも 私は」を伝えようと

待ちの姿勢を取りました

 

以前の私は 待つができなかった

待っている間が

もどかしくて仕方がなかった 

我慢ができなかったのです

 

でも 今はできる

 

できるようになって気がつくことがあります

・待つことで避けられるトラブルがある

・待つことで相手を尊重する姿勢を示すことができる

・思いのままに言葉を発するのではなく

 考えて伝えることで 後悔や自己嫌悪が生まれない

 

今回は待っている途中で 

彼女は自分なりに答えをみつけました

私と同じ選択ではあったけれど

こちらの知らない情報や

考え方も教えてくれて 

私もいくつか知識をふやすことができました

~あじさいが咲いてきました~