ある女性のお話です

(掲載許可をいただいております)

 

彼女は

一見クールに見えて

愛のある キュートで

楽しい方です

 

ある時期 

講座やお茶会に

何度も 

参加して下さいましたが

 

彼女曰く

「講座は難しい……」と

 

私も 

学び手の時には

そう感じておりました

 

成長している

変化している実感が

なかなか持てないのです

 

中には

これまでの積み重ねで

講座をしている最中に

「そうか!」を

感じる方もいれば

 

終わる頃に

「ん?」

「かも!?」

「そうなのかな~」で

 

実感は 

ずっと先という場合も

あるのです

(私はこちらのタイプでした)

 

全て 人それぞれ

どれもOKだと

私は思います

 

しばらくして

彼女が

「お話聴きます」で 

再び

訪問してくださいました

 

私は 

彼女のお話に

耳を傾けながら

何度も感動しておりました

 

「学んだことを 実践されている」

 

お伝えすると

ご本人様は

「そうですか?」と

言っていましたけれど

 

ご自分とも

周囲とも対話をされ

ご自分なりの答えを

導き出し

対応していらっしゃいました

 

 

*ご自分と周りを

支えようとしている

 

*周囲を見渡している

 

*ご自分を客観的に

見つめてくださっている

 

 

心から

ありがとうございます

と思いました

 

もしかしたら

今の彼女は

状況だけ見れば

大変なのでしょう

 

けれど

彼女が

”居てくれるからこそ”の

家族と家庭があり

 

彼女自身も

学びを実践される

チャンスかもしれません

 

正解も

正しいも

だれが良くて

だれが悪いがなくても

問題は起こります

 

彼女に平穏あれ

 

彼女が

大切な方たちに幸あれ

 

そう思わずにはいられません